本文へスキップ

Beppin Honpo

-べっぴん本舗- 撃退ドットマン

鳥害対策グッズ 撃退ドットマンの紹介ページです。

ギャラリー

撃退ドットマンとは…

撃退ドットマンって何?

カラスやハトなどの鳥の被害に困っている方のために開発した、鳥害対策グッズです。
鳥害対策商品には様々なものがありますが、調査の結果によると、有効なものがなかなか存在しなことがわかりました。
この撃退ドットマンは、独自の開発商品で、住宅・倉庫・立体駐車場・物流センター・工場・鉄塔・電柱等あらゆる鳥害対策として有効に機能します。

何故、撃退ドットマンが鳥害対策に効果的なのか?

鳥は主に視覚をたよりに行動をしています。視覚を混乱させるものを開発すること。これが新たな鳥害対策を考える上で最も重要なキーポイントです。

人間や鳥は左右の目で見た画像の重なりで距離や大きさを認識します。視覚中枢は、模様や色で画像の重なりをしづらくすると混乱を起こし不快感を持ちます。

今まではそのような不快感を起こさせる模様や色の商品需要そのものがありませんでした。3Dタイプはさらに特殊レンズを使用することにより一定の距離において焦点をあわすことを極限までに不可能にした商品です。

人や鳥のように目からの情報を判断基準にする動物は、距離感があわないという状況では慣れることがありません。よって、この部分を見ざるを得ないような取り付け方をすると忌避効果は抜群です。

動画で見る実際の取付効果

某飼料倉庫の事例

<Before>飼料を狙って、ハトが毎日のように鈴なりにとまっています。(2016.7.24撮影)



<After>ハトがいなくなりました。(同日取付撮影)

「では、実際の取付効果を動画で見てみましょう!」(2016.7.24撮影)

「ところが...今まで壁際にとまっていたハトが、
電線にとまるようになってしまいました。」(2016.7.24撮影)


そこで2017.3.26に電線用ドットマンを取付けました。
結果、このエリアでのハトの集団がいなくなりました。(2018.8.31撮影)

客観的に認められた鳥害対策商品

国交省が認めた新技術システムに登録されました。

国土交通省は、新技術の活用のため、新技術に関わる情報の共有及び提供を目的とした制度(NETIS)に登録されました。
⇒NETIS登録番号 QS-130022-A

福岡県新技術・新工法活用促進制度
⇒登録番号 No.1302010-A

福岡市新技術情報
⇒登録番号 20130047

宮崎県新技術・新工法
⇒登録番号 279-1017

首都高速道路㈱新技術

㈱高速道路総合技術研究所(NEXCO総研)

工業所有権法
意匠 登録第1351640号/登録第1337914号
商標 登録第5160694号
特許 申請中

     

商品紹介

ドットマンの商品の一例を紹介します。取付場所によって適切な商品・取付方がありますので、まずはお問い合わせください。

お試しセット

お試しセットで効果を確認してください。(初回のみ3セットまで)




                                        戻る



ナビゲーション